双極性障害の治療方法を確認しよう【メンタルケアのススメ】

治療法の種類と効果

婦人

心療内科で双極性障害であると診断されると、すぐに適切な治療が開始されます。自然に治ることはまずないので、専門医にしっかりケアしてもらうことが大切です。治療法は様々ですが、主に薬物治療や心理社会的治療を中心にしたケアが行なわれ、患者それぞれに合わせたペースの経過観察が続きます。薬物治療では激しい気分の抑揚を鎮めることが重視され、うつ病の治療で利用されるものとは別の薬物を処方してもらうことが多くなるでしょう。双極性障害は躁状態とうつ状態の繰り返しが主症状です。薬物治療は根本的な原因の改善というより、症状を緩和するという目的で行なわれると考えられます。症状のメカニズムは100パーセント解明されているわけではないので、治療法を工夫しつつ様子を見ることが必要になるのです。

双極性障害を改善していくためには、心理社会的治療が重要なポイントになります。患者が自身の病状をしっかり把握し、それを受け入れながら精神的なケアを行ないつつ、徐々に症状を改善していくことが目的です。薬物治療と並行してカウンセリングなどが行なわれます。精神疾患への理解も症状を改善するためには必要になるので、恋人や家族と一緒に治療を受けることも効果的です。家族療法などを行なっている心療内科であれば双極性障害の治療に最適な環境だと言えるでしょう。

双極性障害は対人関係を悪化させる可能性があるため、治療時にはその点の改善も重要です。人との接し方や組織に溶け込む方法など、カウンセラーや担当医と共に身につけていくことが出来ます。生活習慣を正してそれを日常化するためのケアも行なわれますが、この治療は双極性障害の初期にこそ効果を発揮するものです。全ての病気は早めに治療を行なうことが大切なので、一人で抱え込まずに第三者の手を借り、適切な治療を受けることを優先しましょう。症状を知っていれば自分と当てはめることが出来るので、医療機関を受診するきっかけになります。双極性障害の存在を知る人の数は決して多くないので、心理的なストレスが原因で発症する病気をピックアップし、予防していくことが最も重要です。