双極性障害の治療方法を確認しよう【メンタルケアのススメ】

再発予防に効果的な方法

カウンセリング

双極性障害は再発率が高い病気として知られています。精神疾患の多くには明確な「完治」という概念が存在しません。医師が治療を続ける必要がないと判断されて初めて「寛解」という状態になります。寛解は完治と異なるため、双極性障害の発症リスクには注意し続けなければいけません。発症の引き金になり得る要素を避けることで、日常的な生活を送れるようになります。ストレスを溜め込みすぎないことは特に重要です。軽い運動は体調を整える効果はもちろんのこと、ストレス発散の良い機会になるため、意識して取り組むと良いでしょう。また、家族や友人との会話も大切です。自分以外の誰かに悩みを打ち明けることが出来れば、解決法を見つけやすくなります。内向的な人やマイナス思考の人は、双極性障害に陥りやすいタイプだと言えるでしょう。他人に対して攻撃的な人も要注意です。人との関わり合いは精神的なバランスに深く関連しています。日常の中で誰かと関わり合う機会が多いなら、素直な気持ちを伝えるということを心がけると良いでしょう。

寛解状態を保っていれば双極性障害が再発することはありません。しかし精神的なストレスは知らない間に蓄積されてしまうものです。心療内科の多くは寛解状態の人にもカウンセリングを行ない、再発を予防するためのアドバイスや提案をしてくれます。精神疾患は一人でどうにかなるものではなく、専門的なケアを要する病気です。理解が得られないという人も少なくないでしょう。時には「ただの甘え」や「心が弱い」などの攻撃的な言葉をかけられることも考えられます。しかし双極性障害を含めた精神疾患は誰もが懸念すべき病気です。いくら元気があっても、いくら若くても、誰がどのタイミングで発症するのかを予知することは出来ません。責任感が強い人や自分の意見を言える人などは、リーダーシップがあり病気とは無縁だと思われがちですが、そのようなタイプにも病気は牙を剥きます。

精神疾患は心療内科で治療を行なうことが必要になります。診療内容を確認した上で病院を受診し、しっかりとケアを行なってもらうようにしましょう。受診する病院を決めかねているなら情報サイトを参考にしてみることも大切です。双極性障害やうつ病を抱えている患者の口コミなどは、スマホやタブレットなどを利用して確認することが出来ます。評判が良い心療内科の情報を集めるために役立ちますが、病院のホームページなども事前に確認しておくとより安心でしょう。一部の診療を除いて保険が適用されるため、治療費の負担額はそれほど高くなることはありません。治療に関する疑問がある場合は医師に尋ねてみることも必要です。また、出来れば家族と一緒にカウンセリングを受けることが理想的です。身内に病気を理解してもらうことで治療がスムーズに行なえます。