双極性障害の治療方法を確認しよう【メンタルケアのススメ】

男性

発症の原因になる要素

不安やストレス、または環境の変化によって双極性障害は引き起こされます。また、遺伝も深く関係していると言えるでしょう。人によって発症のきっかけになるタイミングは異なるものです。

現代人に多い病気

レディ

多忙な日々を過ごす現代人の多くが病気のリスクを抱えています。生活リズムが崩れることで食生活の乱れや睡眠時間の減少、または運動不足などが生じてしまうでしょう。健康的な生活習慣から離れると病気の発症率が高くなります。例えば糖尿病や高血圧などもその一種です。これらの病気は生活習慣の改善により予防することが出来ますが、症状に気付かずに悪化してしまうケースも多いため、定期的な検診を受けるようにしておくと安心です。しかし精神的な病気は一般的な医療機関で対応することが難しくなります。現代人は肉体的な疲労だけではなく、精神的なストレスを抱えている人が多いと言われています。ストレスと健康は無関係ではありません。不安やストレスを解消しないまま過ごしているうちに、うつ病などの病気を発症してしまう可能性があります。うつ病は心療内科などでケアしてもらうことが大切です。なお、うつ病は症状によっていくつかの病名に分けることが出来るため、それぞれの特徴を学んでおくことも悪くありません。うつ病は特定の人だけでなく、全ての人に発症のリスクがあります。

うつ病の患者はここ数年で確実に多くなりました。うつ状態であると判断される基準が定まり始めたのはごく最近のことです。うつ病と言えば気分が沈み、何事にも無気力である状態を思い浮かべる人が少なくないでしょう。しかしその逆で、度が過ぎるほど活動的になるケースもあります。その人本来の性格とかけ離れたハイテンションが続いているようなら、それは「双極性障害」と呼ばれるうつ病の一種である可能性が高く、専門的な治療が必要です。双極性障害の主な症状は、うつ状態と躁状態を繰り返し、浮き沈みが激しいというものです。

双極性障害はうつ病の中でも患者数が多い病気でもあります。うつ病と一括りにされることも少なくありませんが、それぞれの疾患に合う治療を行なう必要があるため、詳しい症状や治療法を知っておくと良いでしょう。自覚症状なく進行してしまうこともあるので、定期的に精神状態をチェックしてみることが大切です。インターネットなどでうつ病のチェックを無料で行なえるサービスも提供され始めました。現代人に多いとされる精神疾患を予防するためにも、適切な知識を養いましょう。

頭を抱える人

特徴的な症状

睡眠時間の激減や躁状態の激化は双極性障害の特徴的な症状として知られています。10代や20代は特に発症リスクが高いと言われているのですが、年齢を問わずに発症する病気です。

婦人

治療法の種類と効果

薬物療法と心理社会的治療を並行して行なうことにより、双極性障害は徐々に改善されていきます。患者のライフスタイルに合わせてケアを行なってくれるような心療内科を探しましょう。

カウンセリング

再発予防に効果的な方法

再発率が高い双極性障害には、寛解という表現を用いて症状の落ち着き具合が判断されます。寛解状態を継続させるためのケアが必要になるので、その方法について理解しておくと良いでしょう。